「茶道って楽しい」 一覧

茶道の点前は「かたち」から。順番は覚えようとしなくても大丈夫♪

  茶道というと、かた苦しい、正座がにがて、順番がおぼえられない。。など、あまり楽しいイメージを持たれていないことが多いように思えます。悲しい。。。   お茶って「かたち」から入り ...

「同じことを同じようにする」ための心のあり方

  お茶の稽古は、繰り返しくりかえしクリカエシ。 これしかありません。 ただ、お茶の稽古の場合、点前は同じでも、それ以外のものは毎回ちがいます。 ハード面でちがうのは、茶室の室礼、お道具、お ...

お茶の稽古。何十年経っても、炉開きの日は基本のキを稽古。

  毎週木曜は、お茶の稽古の日です。 うちの稽古場は、10月半ばから「炉」になり、稽古は基本の薄茶点前から始まりました。 点前は薄茶に始まり、薄茶に終わると言われています。 基本が大切という ...

茶道は退屈で創造性のカケラもない!?~「日日是好日」より~

  茶道の稽古は、点前の繰り返しくりかえしクリカエシ。。。 それしかありません。 それゆえに「むずかしい」「点前が覚えられない」「退屈」などというイメージが、世に先行しているのかもしれません ...

決まりだらけの茶道、心は「自由」。~「日日是好日」より

  お茶では、点前、歩き方、ふすまの開け閉めなど、決められたことは、必ず定めのとおりにしなくてはいけません。 それがゆえに、面倒とか、私にはできないとか、堅苦しいとか、敬遠されるかたも多いの ...

私が茶の湯で一番伝えたいこと。作法でも正座でも点前の順番でもなく。

  今さら~ですが、私が伝えたいのは、   お茶って楽しい   ということ。 お茶とは、もちろん茶道・茶の湯のことです。 ただ、茶の湯に対する世間のイメージはこんな感じで ...

週に一度のお茶の稽古で一番楽しみなこと

  お茶の稽古は、今は週に一度、神戸の元町というところに通っています。 お茶の稽古で一番楽しみなこと、それは・・・   えっとー。。。 お茶そのものが楽しみなので、一番は決められな ...

「心静かに、ただ一点をのみ見つめて集中」ものづくりと茶の湯の共通点

  何か「ものをつくる」ときって、とても集中しますよね。 茶道の点前をしているときも、とても集中します。 「集中」は、心を静めないとできません。 ものづくりの時間は、ものを創り出すと同時に、 ...

「最近、日本の古いものに目がいきだした」方へ、侘び寂びで人生にゆとりと奥行きを。

  最近、日本の古いものに目がいきだした。 このトシになると、「和」がしっくりくる。 「洋」はひと通り知り尽くし、最近は「和」に戻ったみたい。   こんなふうに「和」を体験したいと ...

「一服のお茶」で幸せになれる理由

  「一服のお茶」 茶室でいただく和菓子とお茶は格別です。 一期一会という言葉のとおり、その瞬間はもう二度と訪れてはきません。 亭主(席主)が心を込め点ててくださった「一服のお茶」をいただく ...

「差し色」であなたの人生に彩りを

  ファッション雑誌をひらくと「差し色」って出てきます。 アクセントカラーとも言いますね。 全身モノトーンに、ショッキングピンク。 ベージュワンピースに、鮮やかなグリーン。 オフホワイトコー ...

習い事は途中でやめてしまったら「再開」すれば、また続けられます。

  習い事とか「継続」したいことを、やむを得ない理由で今やめてしまっていても、「再開」すれば、また続けられます。   私にとって「習い事」「継続」といえば、「お茶」。 「茶道」とい ...

茶の湯三昧の一日

  17日(木)に神戸の湊川神社で献茶式があり、出席させていただきました。 ※献茶式の始まる前の湊川神社本殿 献茶とは、崇敬の心をもって、神仏や御霊にお茶をお供えする儀式です。 ※表千家ホー ...

一服のお茶も「一期一会」。

  5月は、お茶にとっては「衣替え」の季節です。 一番のちがいは、炉が風炉に替わること。 炉は「ろ」、風炉は「ふろ」と読みます。 釜でお湯を沸かす火の位置が、変わるんです。 ※炉の点前(11 ...

正座が苦手でも、茶室に入ると自ら正座をしたくなるのはなぜ?

  お茶(茶道)の楽しいところは、いっぱいありますが、その一つに、 「今目の前にあること以外のことは考えなくなる」 というのがあります。 余計なことを一切考えなくなり、「心静かに穏やかに時を ...

お茶の稽古って何がおもしろいの?~私の思う「思いやりの心」とは~

  お茶の稽古を長年続けていると、「どうしてそんなに長いこと続けているの?」「何がおもしろいの?」と聞かれることがあります。 「ただ好きだから」では説明になっていないので、今日は理由の1つ「 ...

お茶の稽古って何がおもしろいの?/私の思う「一期一会」とは。

  お茶の稽古を30年続けていると、「何がおもしろいの?」と聞かれることがあります。 そんなに長く続けられるって、何か特別な理由があるんじゃないかなと思われるようですが、これが意外と「好きだ ...

折り目正しいのに、息抜き。

  何だか毎日忙しくて、たまにはゆっくりしたい。 休んでいても、仕事のことが気になる。 仕事とOFFのメリハリをつけたい。 だから、休んで「息抜き」してるハズなのに、 ダラダラするのも、ちょ ...

「桜の風情」いろいろな楽しみ方

  お茶の席には、その時の「テーマ」があります。 それを「趣向」と言い、文字どおり「おもむき」のことです。 四季を楽しむ時はその時候を、お祝い事の時はその気持ちを、おもてなしで表します。 3 ...

洋式ライフスタイルの時代だからこそ、日本人として「本物の和」を知りたくないですか?

  日本の現代の生活は、ほとんどが洋式ですね。 キッチン、テーブル、リビング、トイレ、ベッドルーム。 マンションでは、和室のない間取りも、めずらしくありません。 それに、全部カタカナやん☆ ...

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2019 All Rights Reserved.