「「和」感性を磨く茶道の楽しみ方」 一覧

私が茶の湯で一番伝えたいこと。作法でも正座でも点前の順番でもなく。

  今さら~ですが、私が伝えたいのは、   お茶って楽しい   ということ。 お茶とは、もちろん茶道・茶の湯のことです。 ただ、茶の湯に対する世間のイメージはこんな感じで ...

名残りのお茶~茶の湯ライターが語る「茶の湯の楽しみ 名残りと侘び寂び編」

11月は、炉を開き、茶壷をはじめて開け、「お茶のお正月」と言われています。   11月に入ると、そろそろ風炉用のお道具をしまい、炉で用いるお道具に入れ替えます。 その前の10月や炉の終わりに ...

11月は「お茶のお正月」~茶の湯ライターが語る「茶の湯の季節の楽しみ 秋編」

  11月は「お茶のお正月」と呼ばれ、おめでたい月なので、あちらこちらで茶会が開かれます。 風炉から炉に変わる「炉開き」があることと、茶壷をその年にはじめて開ける「口切り」があることから、そ ...

週に一度のお茶の稽古で一番楽しみなこと

  お茶の稽古は、今は週に一度、神戸の元町というところに通っています。 お茶の稽古で一番楽しみなこと、それは・・・   えっとー。。。 お茶そのものが楽しみなので、一番は決められな ...

あなたの「非日常」は何ですか?

  「非日常」   この言葉から何を思い浮かべますか? 旅行、高級レストラン、それに登山なんかも非日常かもしれませんね。   私は真っ先に思い浮かぶのは、やっぱり「茶室」 ...

海外旅行で日本のことを聞かれてうまく説明できなかった

  「海外旅行で日本のことを聞かれてうまく説明できなかった」 そんな経験はありませんか?   私も22歳ではじめてニュージーランドを旅した時、The Japanese 的なことをあ ...

美の感性を磨く

  美しいものを美しいと感じる。 世界の名作と呼ばれるものを、素晴らしいと感じる。   美しいものへの感性は、どのようにすれば養われるのでしょうか。 それは、美術館・博物館に行くの ...

香道の「源氏香」/茶の湯ライターが分かりやすくつづる日本伝統文化マメ知識

  こちらの写真は、和菓子の箱です。 この箱に描かれている、タテ棒が5本1組になった意匠(模様)、見たことありますか? ※金沢市の老舗菓匠「落雁 諸江屋」 風呂敷、着物や帯にも見られますよ。 ...

お香の会に一緒に行きませんか?

  茶道もいいですが、香道も気持ちが落ち着き、風流な昔の遊びを楽しめます♪ 日本の伝統文化を肌で感じ、昔の人の美意識に触れる一時を、一緒にすごしましょう。   「香り」は直接脳に働 ...

本物は古くならずに深くなる。

  「本物は古くならずに深くなる。」 この言葉は、こちらの本の一節にあり、私にとっては忘れられない、大切にしている言葉です。 本物=良いものって、使えば使うほど、色に深みがでたり、味わい深く ...

食器は好きですか?

  「食器が好き」というかたにオススメの習い事。 それはもちろん、茶道です♪   茶道で使われる道具には焼き物があり、家庭であまり使われない「陶器」も、茶道ではお茶碗や水指しによく ...

「心静かに、ただ一点をのみ見つめて集中」ものづくりと茶の湯の共通点

  何か「ものをつくる」ときって、とても集中しますよね。 茶道の点前をしているときも、とても集中します。 「集中」は、心を静めないとできません。 ものづくりの時間は、ものを創り出すと同時に、 ...

「最近、日本の古いものに目がいきだした」方へ、侘び寂びで人生にゆとりと奥行きを。

  最近、日本の古いものに目がいきだした。 このトシになると、「和」がしっくりくる。 「洋」はひと通り知り尽くし、最近は「和」に戻ったみたい。   こんなふうに「和」を体験したいと ...

「和」を日常に取り入れ、暮らしのセンスを磨きませんか?

  日常に何か「和」なものを取り入れていますか? 現代の私たちの生活様式、衣食住の、ほとんどが「洋」。 毎日洋服を着て、ふつうに洋食を食べ、フローリングに椅子の生活です。 着物は特別な時にだ ...

「一服のお茶」で幸せになれる理由

  「一服のお茶」 茶室でいただく和菓子とお茶は格別です。 一期一会という言葉のとおり、その瞬間はもう二度と訪れてはきません。 亭主(席主)が心を込め点ててくださった「一服のお茶」をいただく ...

届いてすぐに抹茶が楽しめる「抹茶セット」で、お家でカンタン和菓子&抹茶のティータイムを♪

  お家で和菓子と抹茶をお手軽に楽しんでいただける、抹茶セットのご紹介です。 リーズナブルなお値段で、抹茶を点てるのに必要なものー抹茶茶碗、抹茶、茶杓、茶筌がそろうセットを見つけました。 こ ...

茶道の稽古や一般のお茶席での「懐紙」に決まりはありますか?

  懐紙は、真っ白だけではなくて、季節の模様が描かれているもの、色柄ものなど、種類が豊富です。   「決まり」かどうかは、微妙なところですが、稽古や一般のお茶席では、白無地のこちら ...

茶室は、子や孫の代まで伝えたい日本の文化遺産

  クリックされた画像は、手を清める「つくばい」です。 ここは、神戸のメリケンパークにあるホテルオークラ神戸の5F。 何があると思いますか?     そう、茶室なんです。 ...

「差し色」であなたの人生に彩りを

  ファッション雑誌をひらくと「差し色」って出てきます。 アクセントカラーとも言いますね。 全身モノトーンに、ショッキングピンク。 ベージュワンピースに、鮮やかなグリーン。 オフホワイトコー ...

習い事は途中でやめてしまったら「再開」すれば、また続けられます。

  習い事とか「継続」したいことを、やむを得ない理由で今やめてしまっていても、「再開」すれば、また続けられます。   私にとって「習い事」「継続」といえば、「お茶」。 「茶道」とい ...

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.