「「和」感性を磨く茶道の楽しみ方」 一覧

香道の「源氏香」/茶の湯ライターが分かりやすくつづる日本伝統文化マメ知識

  こちらの写真は、和菓子の箱です。 この箱に描かれている、タテ棒が5本1組になった意匠(模様)、見たことありますか? ※金沢市の老舗菓匠「落雁 諸江屋」 風呂敷、着物や帯にも見られますよ。 ...

お香の会に一緒に行きませんか?

  茶道もいいですが、香道も気持ちが落ち着き、風流な昔の遊びを楽しめます♪ 日本の伝統文化を肌で感じ、昔の人の美意識に触れる一時を、一緒にすごしましょう。   「香り」は直接脳に働 ...

本物は古くならずに深くなる。

  「本物は古くならずに深くなる。」 この言葉は、こちらの本の一節にあり、私にとっては忘れられない、大切にしている言葉です。 本物=良いものって、使えば使うほど、色に深みがでたり、味わい深く ...

食器は好きですか?

  「食器が好き」というかたにオススメの習い事。 それはもちろん、茶道です♪   茶道で使われる道具には焼き物があり、家庭であまり使われない「陶器」も、茶道ではお茶碗や水指しによく ...

「心静かに、ただ一点をのみ見つめて集中」ものづくりと茶の湯の共通点

  何か「ものをつくる」ときって、とても集中しますよね。 茶道の点前をしているときも、とても集中します。 「集中」は、心を静めないとできません。 ものづくりの時間は、ものを創り出すと同時に、 ...

「最近、日本の古いものに目がいきだした」方へ、侘び寂びで人生にゆとりと奥行きを。

  最近、日本の古いものに目がいきだした。 このトシになると、「和」がしっくりくる。 「洋」はひと通り知り尽くし、最近は「和」に戻ったみたい。   こんなふうに「和」を体験したいと ...

「和」を日常に取り入れ、暮らしのセンスを磨きませんか?

  日常に何か「和」なものを取り入れていますか? 現代の私たちの生活様式、衣食住の、ほとんどが「洋」。 毎日洋服を着て、ふつうに洋食を食べ、フローリングに椅子の生活です。 着物は特別な時にだ ...

「一服のお茶」で幸せになれる理由

  「一服のお茶」 茶室でいただく和菓子とお茶は格別です。 一期一会という言葉のとおり、その瞬間はもう二度と訪れてはきません。 亭主(席主)が心を込め点ててくださった「一服のお茶」をいただく ...

届いてすぐに抹茶が楽しめる「抹茶セット」で、お家でカンタン和菓子&抹茶のティータイムを♪

  お家で和菓子と抹茶をお手軽に楽しんでいただける、抹茶セットのご紹介です。 リーズナブルなお値段で、抹茶を点てるのに必要なものー抹茶茶碗、抹茶、茶杓、茶筌がそろうセットを見つけました。 こ ...

茶道の稽古や一般のお茶席での「懐紙」に決まりはありますか?

  懐紙は、真っ白だけではなくて、季節の模様が描かれているもの、色柄ものなど、種類が豊富です。   「決まり」かどうかは、微妙なところですが、稽古や一般のお茶席では、白無地のこちら ...

茶室は、子や孫の代まで伝えたい日本の文化遺産

  クリックされた画像は、手を清める「つくばい」です。 ここは、神戸のメリケンパークにあるホテルオークラ神戸の5F。 何があると思いますか?     そう、茶室なんです。 ...

「差し色」であなたの人生に彩りを

  ファッション雑誌をひらくと「差し色」って出てきます。 アクセントカラーとも言いますね。 全身モノトーンに、ショッキングピンク。 ベージュワンピースに、鮮やかなグリーン。 オフホワイトコー ...

習い事は途中でやめてしまったら「再開」すれば、また続けられます。

  習い事とか「継続」したいことを、やむを得ない理由で今やめてしまっていても、「再開」すれば、また続けられます。   私にとって「習い事」「継続」といえば、「お茶」。 「茶道」とい ...

茶の湯三昧の一日

  17日(木)に神戸の湊川神社で献茶式があり、出席させていただきました。 ※献茶式の始まる前の湊川神社本殿 献茶とは、崇敬の心をもって、神仏や御霊にお茶をお供えする儀式です。 ※表千家ホー ...

一服のお茶も「一期一会」。

  5月は、お茶にとっては「衣替え」の季節です。 一番のちがいは、炉が風炉に替わること。 炉は「ろ」、風炉は「ふろ」と読みます。 釜でお湯を沸かす火の位置が、変わるんです。 ※炉の点前(11 ...

「亭主にたずねる」ということ~聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥~

  分からないこと、知りたいことは、それを準備した方にたずねます。 たとえば、お店に入って、 額縁に入った素敵な絵画や版画 さりげなく生けられているお花。 お料理が盛り付けてあるステキな器。 ...

正座が苦手でも、茶室に入ると自ら正座をしたくなるのはなぜ?

  お茶(茶道)の楽しいところは、いっぱいありますが、その一つに、 「今目の前にあること以外のことは考えなくなる」 というのがあります。 余計なことを一切考えなくなり、「心静かに穏やかに時を ...

陶器と磁器のちがい/茶の湯ライターが分かりやすくつづる茶道マメ知識

  お茶碗、お皿、小鉢、ケーキ皿、コーヒーカップ・・・ 焼きものは、私たちの生活に欠かせないものですね。 日本は、東北から沖縄まで、各地で焼きものを作っている、「焼きもの」の国です。 焼きも ...

お茶の稽古って何がおもしろいの?~私の思う「思いやりの心」とは~

  お茶の稽古を長年続けていると、「どうしてそんなに長いこと続けているの?」「何がおもしろいの?」と聞かれることがあります。 「ただ好きだから」では説明になっていないので、今日は理由の1つ「 ...

お茶の稽古って何がおもしろいの?/私の思う「一期一会」とは。

  お茶の稽古を30年続けていると、「何がおもしろいの?」と聞かれることがあります。 そんなに長く続けられるって、何か特別な理由があるんじゃないかなと思われるようですが、これが意外と「好きだ ...

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.