茶道って楽しい

私が茶の湯で一番伝えたいこと。作法でも正座でも点前の順番でもなく。

更新日:

 

今さら~ですが、私が伝えたいのは、

 

お茶って楽しい

 

ということ。

お茶とは、もちろん茶道・茶の湯のことです。

ただ、茶の湯に対する世間のイメージはこんな感じでしょうか?

 

正座がたいへんそう。
敷居が高い。
作法がむずかしい。
おぼえられない。
和菓子って甘すぎない?抹茶って苦くない?
上下関係が厳しそう。

 

えっとーー。あんまり、いいイメージってないですね。。

「お茶をやっている♪」と話すと、私の楽しさとは裏腹に、言われるのはけっこうネガティブなことが多いんです。それって、

みんな、誤解してるー(笑)

皆さんが言われる上のようなことは、間違いではないです。

正座がたいへん、作法や点前がおぼえられい、なんか入りにくい、上下関係が厳しい。

それが理由でお茶を敬遠されているとすれば、とってももったいないこと。

本質はそこではないから。

 

 

一服のお茶でもって、主客が心を通わせ、一期一会である今この瞬間を楽しむことなんです。

たかが一服、されど一服ですね。

 

たった一服のお茶を最高に美味しく楽しく飲んでもらうために、日々研鑽を積み、何が喜んでもらえるかなと思いめぐらし、人生をささげると言っても過言ではありません。

そういう茶の湯の醍醐味を、茶の湯がどんなに楽しいものかを、これからもお伝えしていきたいと思います。

 

あらためて、この「View.cafe 侘び・寂びの視点」をよろしくお願いします♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶道って楽しい
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.