茶室の空間美

あなたの「非日常」は何ですか?

更新日:

 

非日常

 

この言葉から何を思い浮かべますか?

旅行、高級レストラン、それに登山なんかも非日常かもしれませんね。

 

私は真っ先に思い浮かぶのは、やっぱり「茶室」です。

畳、土壁、障子の和紙、ふすまの和紙、ヒノキの柱、床の間、杉の天井・・・。

私たちの現代の生活では、見られなくなった自然素材の空間。

本来は、自然素材に囲まれているのが、文字通り自然なのかもしれません。

ただ現実は、マンション暮らしの私にとっては、畳とふすまくらいで、土壁、ヒノキの柱や床の間などは、日常で目にすることはないですね。

 


※4畳半の茶室。高低差のある天井にすることで、「高さ」を感じさせて空間を演出。

 

そんな茶室という非日常の空間に居られることは、茶の湯の楽しみのひとつです。

ふだんとは違う、しかも純天然の高級素材でつくられた空間。

その心地よさを一度味わうと、もぅやみつきです(笑)

 

あなたも茶室に座って、美しい和菓子と美味しい抹茶はいかがですか~♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶室の空間美
-, , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.