茶室の空間美

茶室の躙り口(にじり口)は何のため?/茶の湯ライターが分かりやすくつづる茶道マメ知識

更新日:

 

茶室の入り口である「にじり口」。

なぜこんなに小さいのでしょうか。


※ホテルオークラ神戸「恕庵」

 

いろいろと説がありますよね。

今日は私が教わった2つの説をご紹介します。

 

・頭を下げて謙虚な気持ちで、茶室にはいる。

私もにじり口から茶室に入ったことがありますが、頭をものすごーく下げて、縦横共にけっこうちぢこまって入った記憶があります。

ようやくにじり口を通りながら、あぁこういうことかな、と感じました。

 

・身分なく皆同じように茶室にはいり、座り、お茶をいただく。

商人、武士、農民たち、そして関白や将軍も、身分のへだてなく皆一人の人として、茶室にはいり、お茶をいただく。
こんな意味もあるそうです。

実際、茶室の外には「刀掛け」というのがあります。
茶室に入る前、武士は刀を外し、刀掛けに掛けてから入ります。

刀を腰にさしてにじり口から入ろうとすると、刀がひっかかって入ることはできないそうです。

 

戦国時代の世、茶室は、身分のへだてなく人と人との真の触れ合いがある、唯一の空間だったのかなーと想像しますね。

 

もしも、茶室に「にじり口」から入られるチャンスがあれば、こちらの2つの説を思い出してもらえると嬉しいです。

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶室の空間美
-, , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.