茶室の空間美

「ラグジュアリーな空間」とは?

更新日:

 

先日、ある講座を受けたとき、「ラグジュアリーな空間で目標を立ててください」というアドバイスを受けられた方がいらっしゃいました。

ラグジュアリーな空間というと、高級ホテルのゴージャスなラウンジ、リゾートホテルのゆったりとしたスイートルームを思い浮かべるかたも多いと思います。

 

それもイメージしましたが、そのあと「茶室」の景色が頭に浮かびました。

茶室って、見た目はシンプルで簡素だけと、それはそれは贅沢な空間。

・杉の丸太の床柱は、一本ン百万円。
・天井と障子はの木材は、国産のヒノキや杉。
・茶室に使われる畳は、一級品。
・茶道(お茶をいただく)のためだけの空間。
・職人さんが丹精込めて作ったものが集められている。

すべて上質な自然素材でできている、体にも心にも優しい~~空間は、実はラグジュアリーな空間だったのです。

 


※ホテルオークラ神戸にある茶室「恕庵」

 

どうりで、この上なくリラ~ックスできるわけです。

ラグジュアリーな空間に身を置くと、

・一歩先を行く自分を想像しながら、目標を立てられる。
・アイディアやひらめきが冴える。
・心に余裕を持って考えごとができる。
・リフレッシュできて、くよくよ悩まなくなる。

こんなふうに、自分で自分を励ましたり、自分にカツをいれたり(笑)できますね!

モヤモヤする時も、ガクっと落ち込んだ時も、さぁ頑張ろうと意気込むときも、どんな時もラグジュアリーな空間は、私たちをアップグレードさせてくれそうです♪

あなたにとって、ラグジュアリーな空間は、どんなところですか?

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶室の空間美
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.