茶道って楽しい

決まりだらけの茶道、心は「自由」。~「日日是好日」より

更新日:

 

お茶では、点前、歩き方、ふすまの開け閉めなど、決められたことは、必ず定めのとおりにしなくてはいけません。

それがゆえに、面倒とか、私にはできないとか、堅苦しいとか、敬遠されるかたも多いのかなと思います。

でもっ!

 

それ以外は何の決まりもありませーん。

そう、とっても自由なのです。

 

「日々是好日」の掛け軸を「毎日がいい日」と読んでも、「今日はいい日にしよう」と思っても。

菓子器の中の和菓子を「かわいい」と思っても、「美しい」「美味しそう~」と感じてもどれでもかまいません。

真っ黒の楽茶碗を「渋い」と言うひ人もいれば、「かっこいい」と評する人もいます。

炭とお香の混ざる匂いを、「鼻に抜ける」と表現する人もいれば、「癒やされる」と感じる人もいます。

 

何を感じてもいいって、自由ですよね。

あなたが、あなたでいられるのが、茶室です。

 

そんなことがこちらの本に書かれています。

 

 

茶室では、とっても「自由」になれると著者は言っていますよ♪

私も稽古に行くまでは「おっくうだな」と思うことってあって。

でも、稽古に行くと必ず「あー来て良かった。」「お茶ってやっぱりやめられないわ」と思うんです。

お茶って不思議な魅力がありますね。

 

話題の映画「日日是好日」を、今週こそ観に行って、記事を書きます!

それではまたー!

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶道って楽しい
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.