「和」感性を磨く茶道の楽しみ方

香道の「源氏香」/茶の湯ライターが分かりやすくつづる日本伝統文化マメ知識

更新日:

 

こちらの写真は、和菓子の箱です。

この箱に描かれている、タテ棒が5本1組になった意匠(模様)、見たことありますか?


※金沢市の老舗菓匠「落雁 諸江屋

風呂敷、着物や帯にも見られますよ。
何かのマークのようですね!

 

これは香道の「源氏香(げんじこう)」という組香(くみこう)を表しています。

組香というのは、お香を聞いて、香りを当てる遊びのこと。

お香は「嗅ぐ」ではなくて「聞く」と言うんですよ。

 

組香「源氏香」では、お香が5回まわってきて、それぞれを聞き分けます。

5回のお香が、何のお香だったかを当てます。

5回のお香=5本のタテ棒。これには意味があります。

この箱に描かれている源氏香は
5回のうち、1番目のお香、2番目と4番目が同じお香、3番目と5番目が同じお香。
全部で3種類のお香が出されたということです。

タテ棒の右から数えて、2番目と4番目、3番目と5番目はつながっていますね。
同じお香は、タテ棒どうしがつながっているんです。

 

〇番目と〇番目が同じという「パターン」が52通りあり、源氏物語54帖のうち、52帖の巻名で呼ばているわけです。

この箱に描かれている源氏香は、何の巻でしょうか?

 


※源氏香図式の扇子おもて

 


※源氏香図式の扇子うら

 

 

 

ありました!「初音」の巻きですね。

お香の会では源氏物語のストーリーについても学びます。

 

茶道でも、香道を取り入れた点前があり、学びのために1~2年ほどお香の会に参加していました。

香道の専門家ではありませんが、「源氏香」の意匠は知っていると楽しさ倍増!なので、今回はお伝えしています。

 

こんど、タテ棒5本の源氏香の意匠に出会ったら、この扇子で何の巻かを確かめてみてください♪

 

来年の3月にお香の会に行きます。
ぜひぜひご一緒しませんか~。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-「和」感性を磨く茶道の楽しみ方
-, ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.