「和」感性を磨く茶道の楽しみ方

美の感性を磨く

投稿日:

 

美しいものを美しいと感じる。
世界の名作と呼ばれるものを、素晴らしいと感じる。

 

美しいものへの感性は、どのようにすれば養われるのでしょうか。

それは、美術館・博物館に行くのがおすすめです。

私は美術館・博物館が好きというのもあり、知識をたくわえ、感性をみがく目的で、年に数回必ず訪れます♪

侘び寂びのお茶道具、職人さんの美術工芸品など、眺めるだけでうっとり。
美意識というものを、目覚めさせてくれるんです。

 

40代50代と歳を重ねるとともに、食べ物や洋服の身の回りのものだけではなく、美術品や工芸品を見る目を養っておくことも、大人の「たしなみ」の一つでしょう。

 


※掛け軸を保管しておく箱(細見美術館にて特別に許可を得て撮影)

 

何百年も前のお道具を目の前にすると、歴史上の人物がコレを使っていたのかなとか、ここと同じ空気が流れていたのかなとか、そういうことを想像するとワクワクします!

美しいものをインプットすると、内からキレイになりますね。

 

和に親しみ、和の知識や感性を深める、豊かなひと時を美術館ですごしましょう♪

近日中にお誘いの記事をアップしますね!

 

【お出かけ予定】
お香の会

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-「和」感性を磨く茶道の楽しみ方
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.