茶道って楽しい

お茶の稽古。何十年経っても、炉開きの日は基本のキを稽古。

投稿日:

 

毎週木曜は、お茶の稽古の日です。

うちの稽古場は、10月半ばから「炉」になり、稽古は基本の薄茶点前から始まりました。

点前は薄茶に始まり、薄茶に終わると言われています。

基本が大切ということですね。

 

この基本がなっていないと、応用の濃茶や唐物の点前は、スムーズに運びません。

お茶の点前というのは、うわべだけを取り繕うというのが、全く通じないものです。

 

 

点前をするうえで大切なことは、

基本を大切にして積みかさねること。

「今、ここ」に集中すること。

緊張感をもって点前をすること。

細かいところも、最後まで気を抜かないこと。

 

アレ、文章にすると、メチャたいへんちゃう?

という印象ですが、実際はメチャ楽しいんですよ♪

どうぞ、一服飲みにいらしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶道って楽しい
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.