茶道って楽しい

正座が苦手でも、茶室に入ると自ら正座をしたくなるのはなぜ?

更新日:

 

お茶(茶道)の楽しいところは、いっぱいありますが、その一つに、

「今目の前にあること以外のことは考えなくなる」

というのがあります。

余計なことを一切考えなくなり、「心静かに穏やかに時をすごせる」ところが、私の感じているお茶の魅力の一つです。

実はワタシ、けっこう感情の揺れが大きい性分なんですね。。。

でも、お茶をしているときは、とーーーーっても静かでフラット。

ほらっ↓(笑)

 

点前をしているときは、点前だけのことを。
この一服を、美味しく召し上がっていただきたい。
そのことだけに心をくだいて、点前をします。

掛け軸を拝見しているときは、字を読み意味を考え、表装の裂の取り合わせなどを一生懸命見ています。

和菓子をいただくときは、じぃーーっと拝見して季節を感じたり、懐紙に取りこしあんの美味しさを味わいます。

 

一つに集中するっていうのかな、「ただ一点をのみ見つめる」感じです。

そんなひと時が大好きで、お茶(茶道)を30年続けているんです。

家のことも仕事のことも、自分のことも忘れて、ただただ「今目の前にあるこの瞬間」を、あなたも茶室で楽しんでみませんか?

茶室でお茶会をする時には、このブログでお知らせしますね!

こんな方にオススメです。

・子育てや仕事、それに介護などで、自分のことが後回しになっている。
・ワタシ感情の揺れが大きいかも~とご自身で感じている。
・心のゆとりが欲しい。

茶室に座り、和菓子と一服のお茶をゆっくりいただき、心静かなひと時をすごしましょう♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶道って楽しい
-, , , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.