茶道って楽しい

茶の湯三昧の一日

投稿日:

 

17日(木)に神戸の湊川神社で献茶式があり、出席させていただきました。


※献茶式の始まる前の湊川神社本殿


献茶
とは、崇敬の心をもって、神仏や御霊にお茶をお供えする儀式です。
表千家ホームページより

 

 

着物を着て出かける日は、お天気が気になるところ。
幸い晴れて、少し蒸し暑い日でしたが、そよ風が吹いて気持ちよかったです。


※湊川神社の庭

この日は、先生と社中のお仲間の方とご一緒でした。

午前中は、お献茶式と、お茶席三席に出て、お昼の点心をいただきました。


※お昼の点心

 

午後は、13時頃から、元町のお稽古場で稽古。
普段は洋服で稽古をしますが、この日は着物で点前です。

やっぱり、気持ちも所作も変わりますね!全然ちがいます。
着物を着ると、気持ちも動きも変わるのを、またまた実感しました。


※掛け軸は「一華開五葉」(いっかごようをひらく)。

お稽古場は、表千家家元の松風楼という8畳の茶室を模して建てられています。
ビルの一室ですが、ここだけ別世界の「茶室」。

お水屋も写しだと伺っています。

恵まれた環境でお稽古をさせていただけて、感謝です。

 

お献茶式、お茶席三席、そして稽古と、茶の湯三昧の楽しい充実した一日でした。

そして一日で、薄茶四服、濃茶一服、和菓子4個いただきました!
美味しかった~♪

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶道って楽しい
-, , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.