「 表千家 」 一覧

茶道の点前は「かたち」から。順番は覚えようとしなくても大丈夫♪

  茶道というと、かた苦しい、正座がにがて、順番がおぼえられない。。など、あまり楽しいイメージを持たれていないことが多いように思えます。悲しい。。。   お茶って「かたち」から入り ...

「周波数」が人生を左右する!茶室に座って聞こえる「音」で思考と感情を心地よく。

  ブーーンというノイズのような機械音や低温は、頭痛やだるさなどの体調不良、イライラや落ち着かないどの心の不安定をもたらすことは、よく知られています。 この良くない影響をおよぼすのは、耳には ...

【茶道】初釜の持ち物、会費の包み方と表書き、着物で気を付けること、恥ずかしくないマナーについて。

1月の稽古は、新年の楽しみ「初釜」です。 結び柳に紅白の椿、青竹の花入れ、炭台、重ね茶碗、干支のお道具など、お正月ならではの茶事は、あらたまって格式高く、それでいて風情があります。 1年に1度の茶事、 ...

「同じことを同じようにする」ための心のあり方

  お茶の稽古は、繰り返しくりかえしクリカエシ。 これしかありません。 ただ、お茶の稽古の場合、点前は同じでも、それ以外のものは毎回ちがいます。 ハード面でちがうのは、茶室の室礼、お道具、お ...

お茶の稽古。何十年経っても、炉開きの日は基本のキを稽古。

  毎週木曜は、お茶の稽古の日です。 うちの稽古場は、10月半ばから「炉」になり、稽古は基本の薄茶点前から始まりました。 点前は薄茶に始まり、薄茶に終わると言われています。 基本が大切という ...

何もかも捨てて私が行きたかった所。だったはずが・・。

  明日こそ行くぞ!と思いながら眠り、 今日こそ行くぞ!と目覚めて決意し。 でも、ダメなんですよねー。 だから、先日、「何もかも捨てて行くぞーー!」と。 2回目の洗濯機が回っている途中で、部 ...

茶道は退屈で創造性のカケラもない!?~「日日是好日」より~

  茶道の稽古は、点前の繰り返しくりかえしクリカエシ。。。 それしかありません。 それゆえに「むずかしい」「点前が覚えられない」「退屈」などというイメージが、世に先行しているのかもしれません ...

茶の湯の冬支度~茶の湯ライターが語る茶の湯の楽しみ 炉編

  茶の湯には、それはそれは多くの「冬支度」があります。 マンション暮らしでは「冬支度」は、衣替えとファンヒーターくらいしか思いつきません。 便利になれば手数は減り、季節を迎えるのが手軽にな ...

決まりだらけの茶道、心は「自由」。~「日日是好日」より

  お茶では、点前、歩き方、ふすまの開け閉めなど、決められたことは、必ず定めのとおりにしなくてはいけません。 それがゆえに、面倒とか、私にはできないとか、堅苦しいとか、敬遠されるかたも多いの ...

和室で畳のヘリを踏みそうになったときの足の運び方

和室では、畳のヘリを踏まずに歩きます。 最近では、畳の部屋を歩く機会さえも少なくなっていますね。 ですが、知っているのと知らないのとでは、「いざ!」という時に大人として”引き出し”があると、落ち着いて ...

ご挨拶や会食で和室にとおされたとき、知っておきたい洋室とはちがう2つの振る舞い

  年末年始のご挨拶や会食で、和室に通される機会も多くなりますね♪ 和室での振る舞いと、洋室での振る舞いは、「全然ちがう」と思われがちですが、大きくちがうのは2つです。 ・和室では扇子を使う ...

私が茶の湯で一番伝えたいこと。作法でも正座でも点前の順番でもなく。

  今さら~ですが、私が伝えたいのは、   お茶って楽しい   ということ。 お茶とは、もちろん茶道・茶の湯のことです。 ただ、茶の湯に対する世間のイメージはこんな感じで ...

名残りのお茶~茶の湯ライターが語る「茶の湯の楽しみ 名残りと侘び寂び編」

11月は、炉を開き、茶壷をはじめて開け、「お茶のお正月」と言われています。   11月に入ると、そろそろ風炉用のお道具をしまい、炉で用いるお道具に入れ替えます。 その前の10月や炉の終わりに ...

11月は「お茶のお正月」~茶の湯ライターが語る「茶の湯の季節の楽しみ 秋編」

  11月は「お茶のお正月」と呼ばれ、おめでたい月なので、あちらこちらで茶会が開かれます。 風炉から炉に変わる「炉開き」があることと、茶壷をその年にはじめて開ける「口切り」があることから、そ ...

週に一度のお茶の稽古で一番楽しみなこと

  お茶の稽古は、今は週に一度、神戸の元町というところに通っています。 お茶の稽古で一番楽しみなこと、それは・・・   えっとー。。。 お茶そのものが楽しみなので、一番は決められな ...

あなたの「非日常」は何ですか?

  「非日常」   この言葉から何を思い浮かべますか? 旅行、高級レストラン、それに登山なんかも非日常かもしれませんね。   私は真っ先に思い浮かぶのは、やっぱり「茶室」 ...

【茶道】お稽古ごとの先生への年賀状、印刷で大丈夫?

  いつもお世話になっているかたへ、お会いできないけれど昔の恩師へ。 年賀状のやり取りでつながっている関係も、ありがたいご縁ですね。 年賀状は「印刷」というかたがほとんどだと思います。 私も ...

【茶道】お茶会や初釜に着て行く着物に迷ったら。後編

  お茶席にふさわしい着物は、訪問着・附下げや無地。 自分が着て行きたい着物は別にあったりします。 そんな時はどうすればいいでしょうか。 これまでのお話前編はこちら。   【着物を ...

【茶道】お茶会や初釜に着て行く着物に迷ったら。前編

  11月はお茶のお正月とよばれ、「口切りの茶事」や「夜咄(よばなし)」など、お茶のお席に出かける機会も多くなります。 また、お正月には、お稽古場で「初釜」がありますね。 お茶席には何を着て ...

季節を愛でる挨拶「時候が良くなりましたね」

「時候」 「時候のご挨拶」というふうに使われますね。 「季節」の代わりに使われる言葉ですね。 季節とともにあるお茶(茶道)では、よく使われます。 例えば、   「時候が良くなりましたね」 暑 ...

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2019 All Rights Reserved.