思いやり・気づかい

【茶道】お稽古ごとの先生への年賀状、印刷で大丈夫?

更新日:

 

いつもお世話になっているかたへ、お会いできないけれど昔の恩師へ。
年賀状のやり取りでつながっている関係も、ありがたいご縁ですね。

年賀状は「印刷」というかたがほとんどだと思います。
私も毎年デザインを決めて印刷をします。

表裏ともに印刷だけだと、何だか事務的で思いがぜんぜん伝わらないように感じるので、文面にはかならず、ひとこと手書きで添えるようにします。

お茶の先生や他の習いごとの先生、とてもお世話になったかたには、宛名は手書きに。

印刷だと、何だか失礼かなと、個人的に思うからです。

 

印刷でいいのかな、大丈夫かな?

と迷われたら、手間と心をこめて、手書きにするがおすすめですよ。

 

 

年賀状の季節が近づくと、年賀状やらなきゃーとプレッシャーを感じたり。

今年一年無事でいられらたことに、感謝の気持ちが湧いてきたり。

 

お相手のかたを思い浮かべて、宛名を書くのもまた楽しみです。

それと1年に1回、友達の家族写真を見るのも楽しみですね♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-思いやり・気づかい
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.