茶席での所作と着物

正座する時の手の位置、上に置くのは、右?左?/茶道流「居ずまい」の正し方

更新日:

 

正座をして膝の上で、手を重ねますよね。

手はどんなふうに置いていますか?
右と左、どっちが上?下?って迷ったりしませんか?

 

実は、決まっています^^

こんなふうに。

 

左手が上ですね。

右手の上に、左手をかぶせます。

右手はふだんから使っている手なので。。。と私は教わりました。

※流派やお稽古場によりちがうこともあります。

 

茶道は、足の運びや歩幅、手の持って行き方など、文字どおり一挙手一投足が定められています。

それが「かた苦しい」というイメージを作っているのかもしれませんが、「決まりごと」を体で覚えてしまえば、こっちのもん♪ということもいえますね(^ ^)

正座で膝の上に手を置くときは、「右手が下、左手が上」です。
今、おぼえちゃいましょう〜♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶席での所作と着物

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.