茶席での所作と着物

母の着物を着るようになって思うこと

投稿日:

 

「着物」といえば、、、

あなたも、お母さまのお着物を、受け継がれてお持ちではありませんか?

 

私は先日、母の着物を着て出かけました。
帯は、私が嫁入りのときのもの。

FullSizeRender.jpg

母の着物を着ると、母が私の年齢だったころを思い出します。

その姿は、すごく奥さんらしくて、とっても母親らしくて、しっかりしていて、地味めだった。

大人で遠い存在。

幼いころに感じたことを、今大人になって言葉にするとこんな感じです。
母親なので、少しひいきめかな。

着物も帯も、私が今来ているよりも、もっともっと地味なものでした。

あれから40年もすぎて、時代が変わり、世の中も、着るものや母親像も、変わりました。

昭和、平成、そして次の時代へ。
ITやAIまで出てきて、ロボットが仕事をする。
母親も女性として、仕事もプライベートも充実させる生き方を選べる。

 

それでも、「着物」だけは、何も変わらずに目の前にあるから、不思議ですね。

これからは、きっと母の着物を着て出かけることが多くなりそう。

母親の着物を着て出かけると、何だか守られているような、静かな落ち着きをおぼえます。

 

あなたのタンスにも、お母さまの着物が眠っていませんか?
それを身にまとうと、どんな気持ちになりますか?

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶席での所作と着物

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.