茶席での所作と着物

綺麗でしびれない正座のしかた/和室での食事にも役立つ2つのポイント

更新日:

 

正座はにがてー!というのを、よくお聞きします。

わたしも、最初は5分ともちませんでした。
と話すと、うっそーと言われますが、ホントです。

稽古を重ねるうちに、少しずつ、本当に少しずつ、正座が大丈夫なようになりました。

時間にして、
・稽古は、2時間~3時間
・茶事と呼ばれる正式な茶会だと、4時間以上
正座しています。

実際は、途中で「立ったリ座ったり」が多いんです。

 

 

長いあいだ座っていられるポイントは2つです。

フレアースカート、または膝がかくれるスカート
姿勢は重心を上に

 

  • フレアースカート、または膝がかくれるスカート

足全体がかくれるフレアのようなスカートで座るとラクですよ(^ ^)v

右に左にと、少し体重移動をさせたりしても、バレないんです。
さいあく、足をくずしても、スカートで隠れて足は見えません。

パンツスタイルは、正座には向かないですね。
一番シビレがきれるのが、デニムジーンズ。

それと、気を付けたいのは、膝丈ほどのタイトスカートです。
正座をしたときに、膝が出てしまうので、おすすめしません。

長すぎず広がりすぎずのスカートが座りやすいです。

 

  • 姿勢は重心を上に

重心を上に、というのは、背筋をスッと伸ばして、上に引っ張られるように座ります。

だらりと、全体重を足の裏にかけて座っていると、しびれてきます。
ちなみに私は、足の親指同士を重ねたりしないで、足の裏はハの字にしてお尻をそのあいだに置きます。

 

自分のベストポジションを決めておくと、ラクですね。

正座は数稽古で慣れ、と言っても、現代は正座が必要のないライフスタイル。

日々努力するというよりも、そういう環境に身をおく機会をふやすといいと思います。

 

年末は食事会などが増えます。
和室で座って食事をいただくときは、2つのポイントを押さえておくと、シビレにくくてお酒もグンと美味しくなりそうですね♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-茶席での所作と着物
-, , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.