和菓子と一服のお茶

和菓子に学ぶ「奥ゆかしい華やかさ」

投稿日:

 

お茶の稽古では毎回、生菓子をいただきます。
お茶では「主菓子(おもがし)」と言います。

四季折々の趣向を凝らした主菓子は、見ているだけで楽しめますね。


※神戸風月堂製「あじさい」

 

主菓子の特徴は

・見た目に美しく華やか
・主張しすぎないけど、「それ」と必ず分かる。

つまり、華やかなのに、控えめ。

 

それって、けっこう難しくないですか?

華美になると「ドヤ!」感が出たり。
主張しないと、何者か分からない。

人も物も、往々にしてこんなふうに陥りがちですよね。

 

「華やかなのに、主張しすぎない」そんな奥ゆかしさがあるのが、「和」の素晴らしいところ。

和菓子の控えめな華やかさは、わたしたち日本人の感性に響く、本物の美しさですね♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.