和菓子と一服のお茶

幸せを呼ぶ和菓子。

更新日:

 

出張や旅行といえば!

そう、「お土産」で~す。

私は、このお土産を選んでいる時間が、けっこう好きです^^
家族が喜ぶ顔を想像するのも好きだし、自分が食べて喜ぶのを想像するのも大好き!(笑)

 


※美味しいお菓子とお茶をいただくのは、一日の中で嬉しいひと時。

 

先日夫が、岡山に出張に行って、なんと!おまんじゅうを23個も、お土産に買って来ました!

思わず数えてしまった!
ほらーー(笑)


※奥右が「藤戸まんぢゅう」10個(既に2個食べた後)、
手前右は「福渡饅頭」8個、
左の「金平」が5個。

 

夫は、出張に行くと、必ず和菓子をお土産に買って来てくれます。

この前は気に入ったのが沢山あったのか、結局おまんじゅうが3種23個に!

これだけ買い置きがあると、家に一日いるときは、1日2~3個はいっちゃいそう。
食べ盛りの息子は、1回に2~3個はペロリッ。

 

美味しいものを食べているときは、幸せです~♪

素敵な洋菓子もいいですが、素朴な優しい甘さの和菓子もまた、いいもんですよ。

 


※昔ながらの竹の皮で包まれています。

出張先で仕事を終えて帰るとき、お土産売り場に行ったら、ご当地の和菓子を探してみてくださいね!

和菓子は、幸せを運びまーす♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.