思いやり・気づかい

「ありがとう」のちから

投稿日:

 

「ありがとうございます」

お茶の稽古でも、「ありがとうございます」は何度も伝える場面があります。

 

●稽古前にご挨拶で、先生に
「いつも、ありがとうございます」
「先日は、ご一緒していただき、ありがとうございました。」

●お茶をいただいて、亭主(お茶を点ててくださる方)に
「美味しくちょうだいいたしました。ありがとうございます」

●稽古の終わりに、先生に
「お稽古ありがとうございました」

 

この他にも、お手伝いをしてもらったり、お菓子や座布団を回してもらったり。。。ちょっとしたことは、2時間ほどの稽古中に何度もあるんですよ。

 

 

何かしてもらって「ありがとうございます」は、当たり前のことなんですけどね。でも、

 

「ありがとうございます」は、言えば言うほど、気持ちが明るく温かくなります。

言われれば言われるほど、もっと何かお役に立ちたい気持ちがわいてきます。

 

そして「ありがとうございます」の積み重ねは、信頼関係をつくってくれますね。

 

わたしは、落ち込んだりモヤモヤしたことがあると、この「ありがとう」の気持ちを思い起こします。

すると、不思議と落ち着くんですよねー。

 

日々過ぎていく中で、嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、イヤなこと、色々ありますよね。

気持ちをフラットに保てない時は、「ありがとう」の気持ちを思い起こすか、小さなことでも、目の前の相手に感謝を伝えると良いですね。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-思いやり・気づかい
-, , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.