思いやり・気づかい

暑い夏のタオルハンカチや扇子のマナー違反な使い方

更新日:

 

ご招待を受けてお宅へ訪問したり、レストランで待ち合わせをしたり、休日は外で食事やお茶をして、人と会うことが多いですね。

暑いときこそ、涼し気に笑顔で過ごしたい、と思うのは私だけでしょうか。

 

暑いから、「あっつ~」とハンカチで汗を何度も拭ったり、おもむろに扇子を取り出しパタパタと顔をあおいだり。

場所にもよりますが、ホテルやレストラン、改まったお席だと、 あまり優雅ではありませんね。

 

 

目的地まで歩いて着き、止まると汗が急に出てきます。
汗を流しながら、待ち合わせ場所に現れるよりも、体が少し冷めてから待ち合わせ場所で顔を合わせ、明るく挨拶するようにしましょう。

印象が全然ちがいますね。

 

御宅へ訪問するときも、お部屋に通されてから汗をぬぐうよりも、玄関を入る前には汗が止まっているくらいが、マナーです。
それに暑いさなか、涼し気に挨拶するのって、スマート。

 

招く側は、暑さを少しでも忘れていただきたいと、部屋を涼しくして、ガラスの器など見た目にも涼しさを演出されています。

そんな中で、あっつーと言いながら流れる汗をタオルハンカチで押さえたり、Tシャツをパタパタしたりも、チョット失礼かもしれません。。。

招く側の気遣いを受け取るのも、招かれる客としての努めでもあります。

 

 

暑さはガマン、人生は修行です(笑)

デキル大人女性は、涼し気に振る舞うためにも、時間と心の余裕を持って出かけましょう。

 

立秋がすぎ、朝夕は少し涼しく感じることも。
とはいえ、まだまだ暑い日が続きますので、体調に気を付けて、健康にお過ごしくださいね♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-思いやり・気づかい
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.