和菓子と一服のお茶

帰省のお土産やお供えで喜ばれる和菓子はコレ!デパ地下を視察してきました~♪

投稿日:

 

お盆や暮れ、それにゴールデンウイークに帰省するとき、姪甥の子どもたちへのお土産にと、ボリュームのあるものや、洋菓子を選ばれるかたも多いと思います。

そこで、こんどの休みには、夫の両親やご先祖さまへのお土産に、「和菓子」を持ち帰られてはいかがでしょう。

私も5月は夫の実家に帰るので、お供えは和菓子にしようと思っています。

それで先日、大丸神戸店の地下で、下見をしてきました!
比較的日もちのする、手土産に喜ばれる和菓子をご紹介しますね。

 

◎小さめのおまんじゅう
一口二口の食べやすいボリュームのおまんじゅうです。
オーソドックスな小豆餡に、栗が入っているのが嬉しいですね。

http://www.turuya.co.jp/syoukai/yaki_tsumugiuta.html

 

◎一人分のプチ羊羹
羊羹一棹は、 一度に全部食べられない、と思うとなかなか買えませんよね。
こちらのプチサイズの個包装なら、お値段も手ごろで、味は「とらや」羊羹なのでお墨付き!ですよ。

https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/yokan/yokan-petite/

 

◎柔らかくて香りの良い餅菓子
柚子の香りもごちそうになる、その名も「柚餅」。
細かいお砂糖がまぶしてあって、柔らかくて、あっさりした甘さです。

http://www.turuya.co.jp/syoukai/yuumochi.html

 

◎甘くて美味しい「最中」
可愛らしい形と3種類のあんこで、お好みが選べます。
甘ーくて、お茶受けにピッタリです。

開けたときの、皮の香ばしい香りが、たまりませーん。

https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/monaka/

 

 

選んだポイントは、美味しさ、日もち、そして食べやすさです。
全国のデパ地下で販売されています。

30年間ほぼ週に一度は和菓子を食べ続けているので、和菓子の美味しさにはチョット自信があります^^

和菓子は「甘い」だけではないんですよ。
小豆は体に優しく、油分を使わないので胃にもたれず、後味もさっぱりしています。

しぶーーい緑茶、香りの良い番茶と共に召し上がると、お菓子もお茶も格別の味に。

 

こんどの帰省には、ご先祖さまに、ご家族に、美味しい和菓子を持ち帰ってみませんか~♪
お供えの場合は、のし紙も付けてもらいましょう。

珍しい和菓子があれば、話題のきっかけにも☆

長旅の疲れも、癒されそうですね!

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.