和菓子と一服のお茶

ちょっと甘いものがほしいな~という時、「美しい和菓子」という選択

更新日:

 

疲れたけれど、あとひと頑張りしたい。
なんだか小腹がすいたな。
もぅ頭を、いっぱいいっぱい使ったぁ!
今日も一日がんばったなーと、自分をほめたい。

こんなとき「ちょっと甘いものがほしいな~」なんて思いますよね。
さて、何を食べましょうか。

 

チョコレート1つぶや、カステラ1切れ。
クッキーやチョコレート菓子が多くなりませんか?

おすすめは、やっぱり和菓子です。
中でも干菓子は、目で楽しめて、口に入れてまた幸せ♡

 

 

口の中で溶けていく、優しい甘さが、心と体をゆる~くリラックスさせてくれます。

それに、疲れているときに、見た目に美しいって大切だと思うんです。

柔らかい色や美しい意匠など、目にはいる情報は、脳に直接とどきます。

 

※「ふきのとう」

 

茶道では、道具も美しいものばかり。

茶室という空間は、日本の美しいものが集まってでできていますね。

 

茶道をしていると、侘び寂びという日本独特の美意識が、自然とやしなわれます。

侘び寂びを感じさせる美しいものたちを、ぜひ実際にこちらに見にきて、触れてみてくださいね。

 

実際に自分の目で見て、肌に触れて、心で感じてみてください。
それは体験になり、美への豊かな感性が、心と体に染み込みます♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.