和菓子と一服のお茶

最中づくり一筋の老舗和菓子店が作る「最中」

更新日:

 

美味しい和菓子との出会いは、人生を豊かにしてくれます。

 

侘び寂びの視点では、和菓子の写真を載せることも少なくないですが、時々「この和菓子はどこのですか?」と質問をいただきます。
ありがとうございます^^

なので、不定期になりますが、私の出会った和菓子について、一つ一つお伝えしていきますね。

 

今日は、「最中(もなか)」のご紹介です!

箱をあけると、何?と一瞬分からないのですが、よーく見ると「最中」がズラリと立てて並んでいます。
いかにも最中屋さんといった風情。

 

 

「わぁーキレイ!」と思わず、声をあげてしまう美しさです。
そして、皮の香ばしい~香りがただよいます。

 

 

お皿に取ると

 

目が釘付けになってしまう、菊の意匠は、職人さんの技が光りますね。

 

中はつぶ餡で、もちろんお味も、言うことありません。

食べたあと、優しい甘さがずっと口の中に残るんですが、それがまた幸せな気分になれてホッコリ。

美味しい和菓子と一服のお茶は、私たちを世の中を、平和に幸せにしてくれます♪

 

このお店の他のバリエーションの最中もチェックしてみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.