和菓子と一服のお茶

和三盆のお菓子の秘密

更新日:

 

和菓子の材料に使われる「和三盆」。

その優しい甘さは、口に含むと、

「あー幸せ」
「生きてて良かった」
「日本に生まれて良かった」
「美味しすぎて嬉しくて、涙が出そう」

としみじみ思うほどに、美味しいものです。

 

そして、和三盆を固めて作られる干菓子は、見た目もとってもきれい。

 

 

職人さんが一つひとつ心を込めて作る和菓子。

どうやって作られているのでしょうか。

 

さらさらのお砂糖は、米粉やもち粉などと混ぜて、固められているんですよ。

原材料は、色粉以外は、「砂糖、米粉」だけだったりします。

干菓子の「型」に入れ、押さえて押さえて固めることから、「押しもの」とも呼ばれます。

 


※左上から時計回りに、松竹梅、鶴、亀、二人静、菊水。

 

それにしても、美しい!

食べるのがもったいないけど、食べちゃいます^^

 

抹茶が苦いと感じるかたは、干菓子を1つ口にふくんでから、抹茶を飲んでみてください。

それはもう、やめられなくなりますよ~♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.