「 わびさび 」 一覧

ホワイトデーに彼女のハートをワシづかみにする「和菓子」。

  バレンタインデーといえば、チョコレートが定番ですね。 ホワイトデーは・・・何にするか、もう決められました? 実は今、「和菓子」が注目されています!   こんな和菓子を贈られたら ...

さぁ!春は着物で出かけましょう♪

  ・着物を持っているけど、着る機会がない。 ・着て行くところがない。 ・着物を着て一人で出かけるのも、イマイチだなー。 私も同じ思いです。 思いきって着物を着て、いっしょに出かけませんか~ ...

「第一印象で着物美人」になる着付けのポイントはここ!

  第一印象で9割決まる! そんなん言われたら、やっぱりおろそかにはできませんねー。   着物美人になれるかどうか。 着物を着たときの第一印象は、「衿元」(えりもと)で決まります。 ...

春夏秋冬3カ月ではなく「2週間」で移り変わる、和菓子の季節/茶の湯ライターがつづる和菓子マメ知識

  朝夕の陽が長くなり、日中は暖かく、気が付けば3月ですね! 日本には四季があり、節目ということばのとおり、季節や暦の行事を大切にしてきました。 今日はこの「暦」と和菓子の関係についてお伝え ...

桃の節句の楽しみ方いろいろ

  茶道には、その日の「趣向」(しゅこう)というのがあります。 趣向とは、テーマのようなもので、季節を表すこともあります。   先日、茶室でお茶会をしました。 その日の趣向は、桃の ...

「がまん」していますか?

  がまんしないで、好きなことだけして生きよう。 がまんしちゃいけませんよー。 がまんは、体にも心にも良くない。   ここ数年、「個」が尊重される時代なのか、よくこんな言葉を耳にし ...

抹茶が苦くなくて必ず美味しくなる飲み方

  寒かった冬もあと少し。 春はもう、すぐそこまで来ていますね。 和菓子屋さんには、春を告げる生菓子(なまがし)がならんでいます。   ※神戸風月堂 製「早春」 中身は、白あんでし ...

いつの時代も人の心を捉えて放さないもの

  茶菓子につられて、子どものころに少しだけ茶道を習っていました。 その時、先生の所作にムダがなくて、かっこいいー! って思ってたことを思い出しました(^^)   茶道を習ったこと ...

時計のない部屋で過ごして、ふだん聞こえない音や見過ごしてしまうものに気づく大切さ

  毎日時計を何回見るでしょうか。 時計を見ないで、時間を気にしないで、何かをすることはありますか?   茶室には、時計がありません。 千利休の時代、時計はなかったですからね。 私 ...

お茶会に行くのは、茶道を知らないといけないの?

  ホテルの最上階のレストランに誘われたけど、テーブルマナーにイマイチ自身がない。 由緒あるお寺のお茶会に誘われたけど、茶道はまったく知らなくて恥ずかしい思いをするのが心配。。。 そんなかた ...

ティーバッグから高級茶葉まで、美味しく淹れるカンタンひと手間

  ティーバッグから高級茶葉まで、美味しく淹れるためのカンタンなひと手間、それは   うつわを温める   茶道の点前では、お茶碗と茶筅(ちゃせん)の両方を、丁寧に温めます ...

ちがう流派のお茶席に入ったときの作法

  多くの神社やお寺では、「懸け釜」といって、茶席が設けられます。 例えば神戸では、湊川神社、生田神社、弓弦羽神社でも、1年に何回か茶席が設けられます。   茶席は、そのときにより ...

「ラグジュアリーな空間」とは?

  先日、ある講座を受けたとき、「ラグジュアリーな空間で目標を立ててください」というアドバイスを受けられた方がいらっしゃいました。 ラグジュアリーな空間というと、高級ホテルのゴージャスなラウ ...

茶室の躙り口(にじり口)は何のため?/茶の湯ライターが分かりやすくつづる茶道マメ知識

  茶室の入り口である「にじり口」。 なぜこんなに小さいのでしょうか。 ※ホテルオークラ神戸「恕庵」   いろいろと説がありますよね。 今日は私が教わった2つの説をご紹介します。 ...

着付けスピードアップのコツは、慣れ+決断力!?

着物の着付けは、習うより慣れ。 はよく言われますよね。 とにかく回数を着て慣れましょう、ということです。 わたしは1カ月に1回くらいしか着ていないので、大きいことは言えませんが。   速く着 ...

神社やお寺の「呈茶」って何ですか?お作法を知らないとダメ?

  「和菓子と抹茶」 この組み合わせをいただける機会は、身近にもありますよ。 ・神社で大寄せと呼ばれるお茶会(または「懸け釜」) ・神社やお寺、美術館の「呈茶」   特に「呈茶」の ...

『弄花香満衣』花を手にすれば、その香りが衣に満ちあふれる。

  茶室の掛け軸は、その日のテーマを表しています。 冬には冬の、春には春の時候にふさわしい墨蹟(ぼくせき)がよくかかります。 今日は、掛け軸に見られる墨蹟の1つをご紹介しますね。 ※墨蹟:ぼ ...

苦しくない&着崩れない!着物の着付けの、紐の結び方。

  着物を着た直後はいいんだけど、少しずつ苦しくなって、お昼ご飯が食べられない・・・という経験はありませんか? そんなときは、紐(ひも)を結ぶ強さを工夫してみてくださいね。 紐の結び方のコツ ...

グチャグチャになった頭と心をスッキリさせて整理する方法

  頭の中が、色々なことでワケ分からなくなることってないですか? ・昨日の夜も子どもを怒ってしまった。 ・ブログのネタは何にしよう。昨日も記事が書けなかった。 ・テレビの前にホコリがたまって ...

「はじめての着物」の次に買う着物は?

「はじめての着物」 の次は、「雨コート」がおすすめです。 雨の日にコートがないと、雨がちょくせつ着物にあたって濡れてしまいますからね。 雨にあたって、すぐにクリーニングに出さないと、着物はシミになるこ ...

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2019 All Rights Reserved.