お茶道具について

千利休ゆかりの茶道具は今。

更新日:

千利休ゆかりの茶道具は、茶道の家元である千家や、各地の美術館に所蔵されています。
その中の今日は、「桂川」と言う名前の花入れについて、由来などを見ていきましょう。

12月17日(日)まで「桂川」が展示されています。
・香雪美術館
http://www.kosetsu-museum.or.jp/exhibition/
※写真右下の籠(かご)が「桂川」です。

この籠は、もともと川魚を獲るときに腰にぶら下げる籠「びく」として使われていました。
それを、千利休が花入れに見立て、床の間で花を生けて使うようになったのです。
花入れには「桂川」という名前が付けられました。

 

そして12月といえば「忠臣蔵」。
忠臣蔵で、四十七士が吉良上野介の首を討ち取った際、「白い布に包まれた首」を槍に刺して歩く、というシーンをテレビや映画でご覧になったことはありませんか?

その槍に刺されているのは、首ではなくて、花入れ「桂川でした。

順番としては、
『籠「びく」~千利休の花入れ「桂川」~吉良家に伝わる~吉良の首の代わり~』
となります。
(このあいだにも、知られていないストーリーはいろいろあったことでしょう。)

それにしても、単なる「籠」が、何とも数奇な運命をたどったものですね。

千利休の時代から、何百年の時を経て、首の代わりにもなった「桂川」は今、神戸御影の美術館に静かに眠っています。

 

【香雪美術館】
http://www.kosetsu-museum.or.jp/exhibition/
※写真右下の籠(かご)が「桂川」です。

 

※記事の内容は、言い伝えられているものです。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-お茶道具について

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.