思いやり・気づかい

ティーバッグから高級茶葉まで、美味しく淹れるカンタンひと手間

投稿日:

 

ティーバッグから高級茶葉まで、美味しく淹れるためのカンタンなひと手間、それは

 

うつわを温める

 

茶道の点前では、お茶碗と茶筅(ちゃせん)の両方を、丁寧に温めます。
お湯を注いだお茶碗を手に持ち、温かさが手にしっかり伝わってから、お茶碗のお湯を空けます。

家庭でも、お茶を淹れるとき、ポットとカップ、急須と湯のみを温めておくと、味がぜんぜんちがいますよ。

冷たいカップにお湯を注ぐと、冷めてしまうのはもちろん、急な温度変化で香りが飛んでしまいますね。

高級な茶葉やコーヒー豆なら、うつわを温めてからじゃないと、せっかくの素材がもったいなーい。

お湯をヤカンいっぱいに沸かして、うつわをすべて温めてから、茶葉を入れてお湯を注ぎましょう。
それまでとは、ワンラク、ツーランクアップの、お茶が楽しめます。

 

いつものインスタントコーヒーや、ティーバッグの紅茶も、グンと美味しくなるので試してみてくださいね。

 

 

「自分に手をかける」「自分を思いやる」って、満足度がアップ!
味だけじゃなくて、心も満たされますね。

甘いものを用意して、美味しい~お茶を淹れて、心豊かなティータイムをおすごしくださいね♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-思いやり・気づかい
-, , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.