神戸百選

和菓子ではなく洋菓子。神戸の絶品モンブランを紹介します♪

投稿日:

 

和菓子抜きで茶道は語れませんが、洋菓子抜きで人生はあり得ません。(笑)

今日は、神戸の洋菓子屋さんをご紹介しますね!

View.cafeには「メイドインナゴヤ」のカテゴリがありますが、こちらは「メイドインコウベ」といったところ。

 

新神戸駅の近くに「G線」という洋菓子屋さんがあります。

震災前は三宮にあったんですが、いつからか今の場所に。

お店に入ると、ショウケースには、どれも美味しそうなケーキばかり。


※モンブランジャポネ

 

奥に喫茶があり、隣が公園、その向こうには生田川というロケーションで、窓辺に座ると心地よい時間が流れていきます。

夫と2人で行きましたが、「お好きな席へどうぞ」と言われ、2人席へ座ったのですが。

ケーキセットが出てくるとき、「お皿が大きくて狭いですので、こちらへどうぞ」と、ソファの6人席をすすめてくださいました。

これって、お客の回転よりも、今いるお客さまの居心地・快適さを優先。
そういうの、嬉しいですねー。

 

タルト生地に抹茶味のスポンジ、中に栗、クリームは真ん中から、カスタード、生クリーム、栗クリーム。周りを抹茶チョコでぐるりと囲んでいます。

抹茶の香りがとても良かったですよ~♪

 

オーナーさんがインテリアをお好きなのか、テーブルが大理石だったり、「モダンリビング」という雑誌を置いていたり。

雑誌は見てるだけで楽しいですし、広い席でゆったりと、居心地が良くて長居をしちゃいますね。


※店の窓から見える景色。

 

神戸の地に1店舗で60年。

続いているお店は、小さな一つ一つの信念みたいなものを、どれも守り抜いているんだなぁと。

このお店のこだわりは、良質なバターや国産小麦などの選りすぐり素材を使っていること。

もちろん、添加物の類は一切使っていないので、原材料を確かめても得体の知れないものはありません^ ^

そのせいか、自然の味わいがある優しいー甘さなんですね。

引き立つバターの良い香りがします。
ぜひ一度、G線のケーキや焼き菓子の、こだわりの味をご賞味くださいね♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-神戸百選
-, , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.