着物でお出かけ

前に着物着たの、いつ? 着なくて置いていたら、3年や5年あっという間に経っちゃいますね。

更新日:

 

母から引き継いだ着物
祖母から引き継いだ着物

伯母にもらった、義母にもらった・・・

着物はいつの時代も、次世代に引き継がれるものですね。

着物は日本の文化であり、女性は着物には思い入れがあるものです。

ただ、着るチャンスがなかなかなくて、タンスの中で眠っていることも多いのではないでしょうか。

 

前に着物を着たの、いつでしたか?

子どもの小学校の入学式だから、5年前。
5年もたつと、アノ赤い着物は、もう着られないかもしれない。。。

なーんてことも。

3年や5年なんて、着なくて置いていたらあっという間に経っちゃいますね。

 

私もそうでした。
今はおかげさまで、着物を着ることがふえて、大変なコトもあるけど、とっても楽しいです!

 


※着物は母から、帯は姉から。

 

心の変化

 

着物を着ると・・・

いつもと違う自分に出会える。
気分がスーッとする。
おしとやかになれる。
日本人だなーって思う。

着物を着られるのは、大人の女性ならではの楽しみ♪

 

それに、やっぱり着物って良いものですよねぇ。

着物を着て出かけたいなーって、心のどこかで思っていませんか。

お花見やランチ会には、思い切って着物を着て出かけてみてくださいね!

 

着物って不思議なもので、着るだけで、日本女性として誇り感じたり、美しいものを着ていること自体がや喜びだったりします。

それに、母や祖母の着物に包まれるって、何だか落ち着きます。

そんな、心の変化も楽しんでくださいね♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-着物でお出かけ
-, , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.