着物でお出かけ

「第一印象で着物美人」になる着付けのポイントはここ!

更新日:

 

第一印象で9割決まる!
そんなん言われたら、やっぱりおろそかにはできませんねー。

 

着物美人になれるかどうか。
着物を着たときの第一印象は、「衿元」(えりもと)で決まります。

 

初対面の人とご挨拶をして名刺交換をするときは、当たり前だけど「顔」を見ますね。

(笑顔が大事とかそういうコトとは別に、着物のどこが大切か、というお話です^^ )

 

お互いに1メートル前後の距離で、お相手の顔と一緒に視界に入るのは、デコルテくらいまででしょうか。

着物だと「帯よりも上」ということになります。

人は人を見るとき、まず顔=帯よりも上を見るわけです。

 

着物の衿元は、洋服の衿元よりも目立つと思いませんか。

着物を着ているというだけでも目立つうえに、一番目につきやすいのが、顔のすぐ下「衿元」なんです。

 

 

衿元は、動くとすぐに、着くずれしやすいところでもあります。

朝出かける直前や、外出先のお化粧室で着くずれをチェックするとき、少し念入りに、衿元を見直してみてくださいね。

半衿がほど良く出て、左右対称の衿元は、好印象まちがいなしですね!
これであなたも、着物美人に!

 

かくいうワタクシ、衿元がきれいに決まった!という日は、実は少ないです。。。

着物は習うより慣れ。
春らんまん~の候、いっしょに着物を着てお出かけしませんか~♪

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-着物でお出かけ
-, , , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.