和菓子と一服のお茶

眠気におそわれた時の「また、しゃんとする」スイッチ

更新日:

 

午後にパソコンの前に座ると、眠気におそわれたので、

「一服のお茶」

をいただきました。

お湯を沸かし、お茶碗をあたため、抹茶を入れて、お湯を注いで、茶筌でしゃかしゃか。

 

 

茶筌を振りながら、点てる音を聞きながら、そんなひと時は、気持ちが少しゆったりします。

コーヒーをゆっくりドリップしたり、
煎茶をぬるま湯で淹れたり、
温めたティーポットで紅茶をいれたり、
抹茶を点てたり。

こういう時間は、実はものすごーーーく豊かな時間。

 

「また、しゃんとする」スイッチになる「一服のお茶」。

眠気がおそってきたときに、おすゝめです^ ^

和菓子もいっしょにどうぞ~♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-和菓子と一服のお茶
-, , , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.