お茶の楽しみを日々の暮らしに

「和」感性を磨く日常のすごし方

更新日:

 

「茶道」と聞くと、こんなイメージや疑問を持っていませんか?

・かたくるしくて、楽しめるの?
・正座ができないけど大丈夫?
・お点前って、おぼえられる?

そして、同時に、「和」の世界をのぞいてみたいと感じていませんか?

・ハードルが高そうで気軽にできそうにないけど、だからこそ知りたい。
・「和」の趣味を持ちたい。
・日本人として、「和」文化のたしなみを身に付けておきたい。


※細見美術館の茶室

 

日本は四季があり、美しい国ですね。
「和」文化である茶道を楽しむということは、「和」文化の美しさを知ること。

それは、「和」に対する感性を磨くことでもあります。

茶道には、日本文化の総合芸術と言われるように、焼き物、漆器、表装、鋳物(いもの)など、物として形になっている文化がたくさんあるんです。

 

お茶室の外でもこれらを楽しむことができますよ。

・焼き物や漆器のお店に足を運ぶ。
・寺社仏閣や古いお屋敷など、日本建築に親しむ。
・古い道具は美術館で鑑賞。

少し足を延ばせば、あなたの周りでも昔ながらの「和」文化に身近に触れることができますね。

身近に触れることができると、それに対する感性も自然に育ち磨かれます。

感性を磨くには、「和」文化を生活に取り入れるとともに、日ごろから「和」の美しいものへのアンテンを立てておきましょう♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-お茶の楽しみを日々の暮らしに
-, , , , , , , ,

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.