未分類

コーヒー紅茶にもよく合う♪和菓子でゆったりとティータイムの一時をすごしませんか?

更新日:

 

休みの日は、いつもよりティータイムをゆったりと楽しみたいものですね。

お茶うけに、「生菓子」または「上生菓子(じょうなまがし)」と呼ばれる和菓子はいかがでしょうか。

 

茶の湯では「主菓子(おもがし)」と言われ、濃茶とともにいただくメインのお菓子。

季節感や食べやすさ、見た目の美しさ、当日の茶席のテーマなどにも思いめぐらせ、亭主がお客様に楽しんでいただけるものをとえらびます。

 

この主菓子、お盆休みに、ぜひご家庭で楽しんでみてはいかがでしょう。

1個ずついろいろな種類を買うと、ワクワクしますね!

 

 

 

いま販売されている主菓子を、Webで見ることもできます。

・虎屋:https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/namagashi/

 

・鶴屋義信:http://www.turuya.co.jp/syoukai/namagashi.html

 

・神戸風月堂:http://www.kobe-fugetsudo.co.jp/sweets/jounama.html

 

日持ちは、買った当日と翌日です。
(真夏は冷蔵庫に入れてくださいね。)

1個から買えますよ。

お店のショウケースには、4~6種類ほどが並んでいます。

主菓子は、和菓子職人さんによって、一つ一つ心を込めて作られた逸品

小豆をえらび、炊いて、つぶして、丸めて、形にして・・・・丁寧にいくつもの工程を経て、出来上がった作品です。

 

和菓子は、甘い・しつこい、などのイメージが先行しがちかもしれません。

実際は、あっさりして優しい甘さで口当たりが良く、ひと口クチに含むと、「あー幸せ♡」とほっこり、気持ちが柔らかくなります。

そして、緑茶や番茶の日本茶だけではなく、コーヒー紅茶にも、とっても合うんです。

 

お菓子もお茶も、今までとは一味ちがう美味しさですよ。

せっかくのお盆休み、和菓子で豊かなティータイムを、ゆったりとお楽しみくださいね♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
市川弘美

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

-未分類

Copyright© 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view , 2018 All Rights Reserved.